茨城県立海洋高等学校のホームページへようこそ。                                          

茨城県唯一の水産海洋系の高校です。

 海・船・魚を学び,海洋国家日本を支えるスペシャリストを育成する学校です。

 海洋高校ならではの特別な施設による実践的な学習が行われています。

 

 「ここでしか体験できない『実習』がある」

 「ここでしか取得できない『資格』がある」

 

 今,注目の茨城海洋ブランド           
                                        H29年度入学生を全国募集中!
   



 徒募集!!  「世界にコネクト,茨城海洋」 中学生の皆さん,一緒に学びましょう。
   海洋高校では,入学生を広く『 全国募集(pdf) 』しています。



大学進学等(平成2628年度) 

 合格(大学等へ進学)

◎東京農業大学 生物産業学部アクアバイオ学科

 ◎水産大学校 海洋生産管理学科

 ◎東海大学 海洋学部 水産学科

 ◎福山大学 生命工学部 海洋生物科学科

 ◎埼玉工業大学 機械工学科 機械工学専攻

 ◎城西国際大学 福祉総合学部 福祉総合学科

 ◎常磐大学 総合政策学部 律行政学科

            コミュニティ振興学部 地域政策学科

 ◎国立清水海上技術短期大学校

 ◎国立宮古海上技術短期大学校

 ◎国立波方海上技術短期大学校

 ◎茨城女子短期大学 保育科

 

 合格(公務員等)

  ◎   水産庁

   気象庁

   国立研究開発法人水産総合研究センター

   独立行政法人海技教育機構

   自衛隊・一般曹候補生

   自衛隊・自衛官候補生



 

 

114日,実習船の鹿島丸が大洗港から名古屋港等を目指して出港しました。
今回の実習は海洋技術科2年生が,船の機関等の知識を実践の場でさらに学習を深めていくことが目的です。約1ヶ月間の航海の経験によって,将来,船舶の船長や機関長になるための基礎づくりとなります。
       


校長室において,校長と生徒会役員とが懇談しました。

113日(金),平成29年度生徒会役員に任命された生徒と校長とが,校長室で懇談しました。

生徒から

 ・「母や兄が海洋高の卒業生なので,その影響を受け自分も入学しました。」

 ・「将来,水族館の飼育員になりたいという目標があります。」

 ・「小学生の頃に海洋高のプールで体験学習を経験した際,とても興味を持ちました。」

 ・「中学生の弟には,海洋高の魅力を話し,入学を勧めています。」

 ・「実習や行事等も楽しいので,学校生活にとても満足しています。」

 ・「今,生徒会の活動では,航跡という名の今年度の機関誌を発行する準備をしています。」

校長から

 ・「海洋高の魅力を多くの人に伝えていきましょう。」

 ・「多くの中学生が水産海洋に興味・関心をもって,皆さんの後輩になってほしいと思っています。」

 ・「学校生活で改善してほしいことがあれば,ぜひ伝えてください。」

 


1017日~30日,神奈川県三浦市の城ヶ島において,海洋産業科2年生が潜水航海実習を実施しました。
スクーバダイビング技能の習得を目的に2班編制で行いました。そして船での団体生活を通じて,責任感や自主性を学びました。特に,仲間へのサポートも自然とできるようになったことが大きな収穫となりました。
       

1220日(火)、海洋技術科3年生がヒラメ釣りの実習を実施しました。
大きさが50cm程もある大物を釣り上げることができました。ヒラメは茨城県の県の魚となっており,とても親しみやすいです。また,寿司ネタになる高級食材でもあります。県教育委員会フォトニュース掲載

     

12月16日(金)、全校マラソン大会を実施しました。
自分と勝負しながら,最後まであきらめずに走り抜きました。団体戦では,海洋食品科1年が優勝しました。本当によく頑張りました。
クラスの仲間を応援する姿もあり,とてもさわやかな一日となりました。
   


水戸高等特別支援学校と「みんなの海洋高校プロジェクト」で交流を実施しました。

1213日(火),「みんなの海洋高校プロジェクト」で水戸高等特別支援学校の皆さんとの交流を実施しました。乗船や潜水等,海洋高校ならではの実習を体験していただきました。皆さん,とても一生懸命に参加して,とてもすてきな一日となりました。 
   

生徒会役員立候補者立会演説会と選挙を実施しました。

12月14日(水),来年度の生徒会役員の立候補者が全校生徒の前で立会演説会を実施しました。生徒会長や副会長等,各役職に沿って自分をアピールをしました。また,立候補者の推薦人も一生懸命に演説をしました。その後,大きな投票箱に生徒全員が「清き一票」を投じました。

  


 優勝 第61茨城県銃剣道選手権大会

1210() 茨城県立武道館にて開催されました。本校の生徒と職員が日頃の稽古の成果を十分に発揮して,すばらしい結果を収めました。県教育委員会フォトニュース掲載

団体の部  優勝 水戸支部   先鋒 根本玲雄(海洋技術科1年)  大将 鈴木健介(海洋高職員)

高校生の部    優勝 根本玲雄(海洋技術科1年)

51歳以上の部  第三位 寺門孝信(海洋高職員)

短剣道の部  準優勝 鈴木健介(海洋高職員)

  


修学旅行(第2学年)を実施しました。
12月6日(火)~9日(金)まで日程で,USJ・大坂道頓堀・広島平和公園・宮島・姫路城などを訪れました。
                     


1日ホームルーム(第3学年)を実施しました。

12月9日()  8:00~20:00

 高校生活も残り少ない中,海洋技術科と海洋食品科がディズニーシィ、海洋産業科がディズニーランドに行ってきました、天候にも恵まれ楽しい思い出になりました。

  


  全日本スポーツダイビング室内選手権大会

第3位 海洋産業科1年 清水 海里(那珂湊中出身)

124日(日)、千葉県国際総合水泳場にて、第12回全日本スポーツダイビング室内選手権大会が開催されました。各スポーツクラブ等の選手が出場する中、上記の生徒が400mフリッパー競技にて、高校生の部で入賞を果たしました。次回は,さらに上の記録が出せるよう頑張ってほしいです。
   

 合格 国家資格 機械保全技能検定3級(厚生労働省認定)

海洋技術科2年の生徒6名が見事に合格することができました。

この資格は,工場等に設置されている機械のメンテナンスを行う技能を証明する国家資格であり,ものづくりには欠かせない資格です。生徒は,さらに上位の2級に挑戦したいと意欲的に取り組んでいます。実力を証明する資格を数多く取得してほしいです。県教育委員会フォトニュース掲載
 


 

全国水産・海洋高等学校生徒研究発表大会が開催されました。

12月2日(金)に生徒研究発表の全国大会が開催されました。全国7地区の代表校が来校し,日頃の研究の成果を発表しました。文部科学省・水産庁をはじめ,各方面から数多くの来賓の方々をお迎えして盛大に実施することができました。また,学校招待者として近隣の中学校の校長先生方にも参観していただくことができました。

本校生徒にとっては,レベルの高いすばらしい研究発表を聞くことができ,本当に貴重な経験となりました。また,大会の運営や準備,進行を生徒が中心となったのも良い経験になりました。

これからの水産業の振興に今回の経験を生かせるよう努めていきたいと感じました。

              最優秀賞・・兵庫県立香住高等学校
                  優秀賞・・・富山県立滑川高等学校
     
                  奨励賞・・・茨城県立海洋高等学校 等

   

 

「未来の夢応援債」(磯﨑自動車工業・常陽銀行)の贈呈式が実施されました。

11月28日(月)に磯﨑自動車工業(株)代表取締社長の磯﨑孝様,(株)常陽銀行湊支店長の白土周一様が来校し,「未来の夢応援債」による視聴覚DVDを本校に寄贈していただくことになりました。将来の水産業の担い手育成に対して,大きな期待と支援と受けとめ,大切に活用させていただきます。

  

 

『海洋祭』を開催しました。

             テーマ「波の華舞う海洋祭~Brand new wave~」

11月18日(金),19日(土)に2年に1度の『海洋祭』が開催され,その成果を発表しました。グランドには,海洋高ならではの「魚の張りぼて」がクラスごと9作品を展示しました。ジンベイザメやメカジキ等,全部が力作揃いでした。
また,好評の「さんまの大和煮の缶詰」,「かつおの角煮」は大人気で,とても長い行列ができる程でした。

       

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 


  

 

新着情報

表示すべき新着情報はありません。
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立海洋高等学校